クラミジアとは?

クラミジアによる感染症は、男性ではまず尿道炎、女性では子宮頸管炎(しきゅうけいかんえん)として起こります。
治療しないで放置しておくと、子宮から卵管を通って腹腔内に広がり、激しい下腹痛【急性腹症(きゅうせいふくしょう)】を起こすことがあります。また、子宮と卵管のまわりが癒着したり、卵管の組織が変化して不妊症になることがあります。

妊婦の場合には、まれに流産の原因になります。さらに、出産するときに、産道で新生児にクラミジアが感染して(母子感染)、結膜炎や肺炎を高頻度に引き起こします。したがって、性器のクラミジア感染の進行を防ぐために、症状が乏しくても早期に検査を受けできるだけ早く適切な治療を受ける事が大切です。

【症状】
感染初期にははっきりした自覚症状がない事が特徴ですが、男性の場合は2〜3週間すると、排尿時に不快感や痛みを感じたり、尿道の分泌物の色や性状が変わるなど、症状が出やすいので、比較的発見しやすいといえます。
しかし女性の場合は、半数以上が自覚症状がないまま経過し、気がつかないうちに症状が進行したり、パートナーに感染したりしますから、特に注意が必要です。

【検査】
子宮の分泌物や血液を採取することにより、簡単に検査することができます。

【治療】
抗菌薬を2週間程度服用するだけで、治療することができます。

▲このページの先頭へ

性器ヘルペスとは?

性器ヘルペスは、主に単純ヘルペスウイルスによる水ぶくれが、性器やお尻またその周辺にできる病気です。性的な接触によってウイルスが感染する性感染症の一つです。

妊娠中に性器ヘルペスになっても奇形児が生まれることはほとんどないようです。ただ、お産のとき産道にいるヘルペスウイルスに胎児が感染して、新生児ヘルペスになってしまうと、新生児は抵抗力がなく重症になってしまうこともあるので注意が必要です。もし、お産のときに、ヘルペスができていたら帝王切開で分娩したほうが安全です。

適切な処置をするのが早ければ早いほど、症状はそれだけ軽くすみますし、回復も早くなります。
もしかしてと思ったらすぐに検査しましょう。

【症状】
性器に赤いブツブツや水ぶくれ、かいよう(皮膚のただれ)ができます。
はじめてかかった時には強い痛みや発熱を伴うことが多いのに対し、再発の場合は小さな水ぶくれやかいようができるだけの軽い症状ですむことが多いようです。

【発症部位】
女性の場合は、外陰、膣の入口とお尻にみられます。患部は子宮頸部に及ぶこともあります。
男性の場合は、亀頭(ペニスの先端)、包皮、陰茎大部、お尻に最もよくみられます。

【検査】
水ぶくれやかいようから分泌物を摂取して、単純ヘルペスウイルスの有無を調べます。また、血液検査でヘルペスウイルスに対する抗体を調べます。

【治療】
主に「抗ウイルス薬」とよばれるお薬が使われます。抗ウイルス薬は、ウイルスが増えるのを抑える働きがあります。性器ヘルペスの治療に用いられる抗ウイルス薬の種類には、飲み薬や塗り薬があり、症状により使い分けています。

▲このページの先頭へ

トリコモナス膣炎とは?

トリコモナスという原虫が感染の原因となります。
この原虫は膣以外にも、子宮の入口、尿道、膀胱、バルトリン腺などにも入り込みます。
性交により男性へも感染し、また逆に男性から女性へも感染しますが、症状は女性ばかりで男性には普通何の症状もありません。

【症状】
かゆみがあるのが特徴で、あわのようなおりものが多くなります。

【検査】
おりものや尿、分泌液から原虫の有無を調べます。

【治療】
膣内に薬を挿入するなどの通院治療と内服薬を10~14日間位続けます。夫婦同時に休まずに治療を受けて下さい。妊娠中の方は内服薬をひかえることもあります。

▲このページの先頭へ

カンジダ性膣炎とは?

カンジダはカビ(真菌)の一種で、もともと正常な皮膚粘膜に存在していて普段は何も害を及ぼさないのですが、膣の抵抗力が弱った時、例えば、妊娠、糖尿病、抗生物質やホルモン剤の使用後に増殖しやすい傾向にあります。

妊婦さんのカンジダ症は、妊娠中に治しておかないと、赤ちゃんのお尻のただれや、口の中に白いぶつぶつのできものが出来ることがありあます。

また、カンジダ症は特に難治性の再発を繰り返す場合が多く、定められた期間治療することが大切です。

【症状】
灰白色の豆腐カスの様なおりもので、外陰部がかゆくなるのが特徴です。

【検査】
膣粘膜を採取し、カンジダ菌の有無を確認します。

【治療】
膣の洗浄と膣錠の使用、併せて外陰部のかゆみに対して軟膏、クリームの塗布を行います。
症状によって治療日数が異なります。

▲このページの先頭へ