トップページ > プラセンタ療法

豊岡産科婦人科では、女性の様々な悩みを解消するため、プラセンタ療法を行っています。

更年期障害をはじめ、体のさまざま不調の改善やアンチエイジング対策などに効果的です。
ご希望や症状に合わせて最も適切な治療を行います。

プラセンタ療法をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

プラセンタ療法とは

「プラセンタ」とは胎盤のことです。

胎盤は赤ちゃんとお母さんをつなぎ、赤ちゃんの発育成長に必要な栄養や酸素を運ぶ大切な役割を持っています。

たんぱく質・脂質・糖質の三大栄養素はもちろん、ミネラル、ビタミン、核酸、アミノ酸、様々な酵素や各種の成長因子がバランスよく含まれています。また、様々な細胞増殖因子や生理活性物質を豊富に含んでいます。

胎盤から抽出された有効成分を、注射・内服などにより治療に用いる療法の総称を『プラセンタ療法』といいます。


▲このページの先頭へ

プラセンタ療法の薬理作用

日本胎盤臨床医学会によると、プラセンタには多くの薬理作用があるとされています。

  • 基礎代謝向上作用
  • 細胞活性化作用
  • 呼吸促進作用
  • 血行促進作用
  • 造血作用
  • 疲労回復作用
  • 血圧調節作用
  • 自律神経調整作用
  • ホルモン調整作用
  • 免疫強化作用
  • 活性酸素除去作用
  • 抗突然変異作用
  • 創傷回復促進作用
  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用
  • 体質改善作用
  • 強肝作用・解毒作用
  • 妊婦の乳汁分泌促進作用
  • 食欲増進作用
  • 精神安定作用


▲このページの先頭へ

プラセンタ療法の主な効果

  • 美白、シミ、シワ、くすみ、乾燥肌などの美容効果
  • アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息などのアレルギー改善
  • 生理不順、生理痛、便秘、冷え性など女性特有の症状の緩和
  • 肩こり、腰痛、ひざ痛などの整形外科的効果
  • 自律神経失調症、不眠症など心療内科的効果
  • そのほか、疲労回復、免疫力向上、健康維持

▲このページの先頭へ

プラセンタ療法の副作用

プラセンタ注射による副作用はほとんどありませんが、注射した部位が腫れたり、赤くなったり、かゆみ・痛みを感じる場合があります。
気になるときは医師にご相談ください。

また、当院で使用しているプラセンタは、日本人の胎盤から抽出したエキスを原材料とする特定生物由来製品のため、プラセンタ注射を受けた方は献血ができなくなります。
そのため、注射を受ける場合は同意書が必要となります。
ただし、サプリメントやドリンク剤は含みません。

▲このページの先頭へ

プラセンタ療法の費用

プラセンタ注射

皮皮下に注射します。1 回1アンプル(2ml)
1週間に2~3回

初診時 再診時
保険適用 1,000円前後 500円前後
保険適用外 2,160円 1,080円

※プラセンタ注射は、更年期障害・乳汁分泌不全の治療の際は保険適用となります。



プラセンタサプリ

プラセンタ カプセル 医療機関専用
メルスモン プレミアムカプセル

注射の苦手な方、通院が困難な方におすすめです。

◆1日摂取目安:4カプセル
◆内容量:350mg X 120カプセル
◆価格:15,120円(税込)13,000円(税込)

プラセンタドリンク

プラセンタ ドリンク クラシエ プラセンタボンリッチ

持ち歩きに便利なコンパクトサイズで飲みやすいピーチ味です。

◆1日摂取目安:1本
◆内容量:1本(10mL) X 30本
◆価格:16,200円(税込)12,000円(税込)

▲このページの先頭へ